消費者金融の必要書類とは?

MENU

消費者金融の必要書類とは?

消費者金融を利用する場合には必要書類を準備しなくてはいけません。
お金を借りるのに手ぶらで可能、とは誰も思わないでしょうが、逆に「何を準備すればいいのか分からない」という方もおられるのではないでしょうか。
通常消費者金融の必要書類として挙げられるのは次の2点です。

 

@本人確認書類

どのような消費者金融でも必ず必要になります。
本人以外との金銭契約を防ぐために、本人確認は厳重に行われます。
本人確認書類としては、以下のものがあります。

 

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

外国籍の方は「永住許可証」「外国人登録証明書」などが必要になります。

 

引越しして間もない場合など、これらの書類に記載されている住所と現住所が異なるケースもあるでしょう。
その場合には現住所を確認できる次の書類を別途準備しなくてはいけません。

 

・公共料金の領収書
・社会保険の領収書
・納税証明書
・住民票

 

A収入証明書類

申込金額により収入証明書類が必要になってきます。
法律上、消費者金融会社が収入証明書類を確認しなければいけない条件は次の2点です。

 

・借入希望金額が50万円を越える場合
・借入希望金額と他社での借入合計額が100万円を越える場合

 

この条件を元に、各社収入証明書提出必要金額を設定しています。
商品案内などに記載されていますので確認しておきましょう。
ただし条件以内の金額であっても審査の過程で要求されることもあります。
いざという場合に慌てないように、事前に準備しておくと安心でしょう。

 

収入証明書類には一般的に次のようなものがあります。

 

・源泉徴収票
・給与明細表
・所得証明書
・納税証明書
・確定申告書

 

どのような書類が必要なのかも商品案内などに記載されていますので確認しておきましょう。
不明な点は担当者に問い合わせるようにしましょう。

 

「本人確認書類」「収入証明書類」以外にも必要書類が発生することもあります。
確実かつすみやかに必要書類を準備することが、借入の第一歩となります。
必ず事前に確認するようにしておきましょう。